ホーム > 過去の情報 > 2006年のTOPICS > (情報更新)日中知的財産制度ハイレベルセミナー開催のお知らせ

(情報更新)日中知的財産制度ハイレベルセミナー開催のお知らせ

日本弁理士会・中華全国専利代理人協会 共催
日中知的財産制度ハイレベルセミナー
 日本弁理士会は、中華全国専利代理人協会との共催により、「日中知的財産制度ハイレベルセミナー」(同時通訳)を下記のとおり開催いたします。中国から26名の専門家が来日されるので、良い交流の機会であります。是非ご参加下さい。
【1】日中知的財産制度ハイレベルセミナー
日時 平成18年11月17日(金) 午前10時 ~ 午後4時50分
場所 日本消防会館 ニッショーホール
東京都港区虎ノ門2丁目9番16号(地図
募集人数 約150名(聴講無料) ※定員になり次第締切らせていただきます。
プログラム
司会 日中交流会プロジェクト 浅井 賢治
10:00 開会
開会の辞 日中交流会プロジェクトリーダー 佐藤 辰彦
挨拶 日本弁理士会会長 谷 義一
   中華全国専利代理人協会会長 高盧麟
10:15 第I部 「最近の知的財産制度の動向」
中華全国専利代理人協会秘書長 袁徳
日本弁理士会副会長 小川 眞一、伊丹 勝

日中弁理士会副会長から最近の知的財産制度の動向についてご紹介頂きます。特に中国からは特許制度改正を含めた知財政策の動向についてもご紹介頂く予定です。

11:25 第II部「中国における特許紛争の調停」
厦門市知識産権局局長 徐文東氏

中国側より事例を挙げながら特許紛争の調停の実務をご紹介頂く予定です。

12:05 昼食・休憩
13:20 第III部「特許権侵害訴訟の課題と展望」
最高人民法院知的財産権審判廷第一合議廷審判長 高級裁判官 王永昌氏
東京地方裁判所民事第29部判事(部総括) 清水 節氏

日本・中国における両国の現役判事より課題と展望をお話頂きます。特に中国側から特許制度改正に伴う侵害訴訟の実務への影響を含めた今後の課題・展望をお話頂く予定です。

14:30 休憩
14:45 第IV部 「中国改定特許審査基準」
国家知識産権局複審委員会副主任 李永紅女史

中国特許庁の審査官より2006年7月1日施行された特許審査基準の大幅改正に伴う審査実務への影響および外国出願人の注意点についてお話を頂く予定です。

16:45 閉会
閉会の辞 日本弁理士会副会長 岡部 譲

※なお、発表者はお断り無く変更される可能性があります。

参加費用 セミナー資料代 3,000円(会員は無料、代理受講は1名まで可)
※参加費用は、当日、会場にてお支払い下さい。
【2】合同レセプション
日時 平成18年11月17日(金)午後5時30分 ~ 午後7時30分
場所 「霞が関東京會舘」 霞が関ビル35階(地図
参加費用 レセプション会費 10,000円
※参加費用は、当日、会場にてお支払い下さい。
【3】親睦会(箱根エクスカーション)
日時 平成18年11月18日(土)午前6時30分 ~ 午後4時(予定)
場所 箱根
都内出発(6:30)→(バス車内にて朝食)→大涌谷→桃源台→芦ノ湖クルーズ→ホテルにて昼食・入浴→都内着(16:00)
※本スケジュールは予定であり、変更の可能性があります。
参加費用 親睦会費 15,000円
※参加費用の徴収を含めた詳細については、お申込み頂いた方に別途ご連絡を差し上げます。
 
参加方法 参加される方は、印字用PDFファイルにご記入の上11月10日(金)までに業務国際課までFAXにてお申込み下さい。
なお、定員に達した場合はお断りすることがありますので予めご了承願います。なお申込みをされた方のうち、お断りする場合のみ、ご連絡を差し上げます。
お申込み方法 ●PDFファイルを印字してFAXにてお申込みください。
印字用PDFファイル(9KB)
FAX送信先:日本弁理士会 業務国際課 03-3581-1205
主催 日本弁理士会・中華全国専利代理人協会
お問合せ先 日本弁理士会事務局業務国際課
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-4-2
TEL 03-3519-2703 FAX 03-3581-1205
http://www.jpaa.or.jp/old