ホーム > 日本弁理士会の活動 > 知財110番!? > Q&A > 具体的にはどのようなデメリットがありますか?

具体的にはどのようなデメリットがありますか?

高額な費用を請求された上、無駄な時間と労力を費やすことになります。また、上記の特許◯◯士といった資格を取得した場合でも、他人のために業として知的財産に関する書類の作成はできないため、そのような行為をした場合は法律により処罰されます。