ホーム > 日本弁理士会の活動 > 知財110番!? > Q&A > どんな人が被害に遭い易いですか?

どんな人が被害に遭い易いですか?

企業側は、トラブルになることを懸念して業者に使用料などを支払ってしまうケースがあります。