日本弁理士会北海道分室の開所

平成17年6月6日、日本弁理士会北海道分室が開設しました。

 場所は、JR札幌駅北口から歩いて1分の北ビル(札幌市北区北7条西2-8)の7階。ここには以前から「北海道経済産業局特許室」「独立行政法人工業所有権情報・研修館札幌閲覧室」「社団法人発明協会北海道支部」が入居しており、いわば北海道の知的財産の要ともいえます。その要の場所に今回、日本弁理士会の分室が開設したことにより、知的財産についてワンストップサービスの提供が可能となる北海道知的財産の最前線基地としての機能が強化されたことになります。

 平成17年7月には、受付窓口を一つにまとめて、知財のワンストップサービスを目指す「北海道知的財産情報センター」となる予定です。

 同日の午前中には、日本弁理士会北海道分室開所式がとり行われ、当会 佐藤辰彦会長の開会挨拶に続いて、北海道経済産業局地域経済部次長 細川安弘様、北海道企画振興部次長 徳田正一様、発明協会北海道支部長 鈴木俊幸様から来賓挨拶をいただきました。いずれの挨拶にも、日本弁理士会北海道分室への多大なる期待が込められていました。日本弁理士会としては、その期待に応えられるよう、北海道在住の弁理士を中心に、日本弁理士会の総力を上げて努力します。

 北海道分室は、日本弁理士会が地方に展開を計画している「アクセスポイント」の第1号でもあります。アクセスポイントは、日本弁理士会の地域知財活動活性化運動を推進するための拠点であります。ここに相談して頂ければ、相談者にとって最適任の弁理士を容易に探し出すことができます。

 道民の皆さん、ぜひ「日本弁理士会北海道分室」「アクセスポイント」を知的財産の創造・保護・活用にお役立て下さい。お待ちしております。

日本弁理士会北海道分室
〒060-0807
札幌市北区北7条西2-8北ビル7階
電話 011-736-9331
開所時間(月曜日-金曜日 9時~17時)