ホーム > 日本弁理士会の活動 > 研究・レポート

研究・レポート

 日本弁理士会では、知的財産に関する専門委員会や附属機関を設置して、常に調査研究を行っています。その研究成果は会員に報告するだけでなく、テーマや内容によってはホームページを通じて公表しています。

 また、当会では知的財産に関する論文誌として月刊「パテント」を発行しています。

「今や知的財産だ!」

著者の金明信氏は、2012年現在、韓国の「知識財産フォーラム」の代表であるほか、国家知識財産委員会の委員です。日本弁理士会もお世話になっております。

この度、日本語版を作られましたが、本として出版はされないとのことですので、皆様に見て頂くためにここに掲載します。