ホーム > 震災復興支援 > 日本弁理士会の復興支援

日本弁理士会の復興支援

平成24年1月現在の日本弁理士会による復興支援活動について、お知らせします。
昨年3月11日に発生した東日本大震災により被災された方々の復興を支援するため、日本弁理士会では様々な活動を行ってまいりました。また、昨年5月11日には日本弁理士会内に「復興プロジェクト本部」を立ち上げ、会員から寄せられた82件の御意見を基に、知的財産支援センター、知的財産価値評価センター、東北支部、関東支部、国際活動センターなどの諸機関と協力し、復興支援活動の企画及び実行をしております。

東日本大震災救済義援金
震災直後に役員会費から1千万円を日本赤十字社へ寄付しました。また、救済募金を呼びかけ、会員から寄せられた募金約1億円を日本赤十字社へ寄付しました。

震災復興支援情報の提供
震災復興支援ページを日本弁理士会ホームページ上に設置し、東日本大震災により影響を受けた手続の救済措置などの情報を提供しております。
http://www.jpaa.or.jp/old/?cat=1104

被災者対象の特別相談窓口の設置
特別相談窓口のフリーダイヤル(0120-19-2723)を設置し、被災された方を対象に無料相談を行っております。また、被災地への情報提供を行うために、河北新報、岩手日報、福島民報、福島民友新聞の四紙に広告を掲載いたしました。また、東北支部も復興支援活動に協力しています。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110701_14.htm

知財価値評価を利用した支援
被災企業に対し、知的財産の価値評価を通じて資金獲得などの支援を行っております。
「弁理士会が被災中小企業支援本格化へ」(Sankei Biz)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110822/cpd1108220502002-n1.htm

「知的資産経営フォーラム2011 in 仙台」の開催
『知的財産権の“創生・活用・発展”を軸とした“知的資産経営”の推進を通じて、震災復興にも役立ちたい。』をテーマに、仙台においてフォーラムを開催しました。
「知的資産経営フォーラム2011 in仙台」(知財情報局)
http://event.braina.com/2011/1117/free_20111117_001_20111122fix__20111122_.html

特許出願等援助制度による出願支援
特許出願等援助制度により、被災企業の出願等を支援しております。また、昨年12月9日には、新たに総合的知的財産支援制度を設け、知的創造活動並びに知的財産権の取得及び活用の支援も行っております。さらに、被災中小企業等の復興を支援すべく、特許出願等復興支援制度の創設を検討中です。
「日本弁理士会の特許出願等援助制度とは」(日本弁理士会HP)
http://www.jpaa.or.jp/old/?p=794

平成23年度パテントコンテスト「震災復興応援賞」
文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館が主催する平成23年度パテントコンテストでは、日本弁理士会の働きかけもあって「震災復興応援賞」が設けられ、日本弁理士会会長が3件の応募者にこの賞を授与ました。
「平成23年度パテントコンテスト及びデザインパテントコンテスト表彰式開催報告(お知らせ)」(独立行政法人工業所有権情報・研修館)
http://www.inpit.go.jp/jinzai/topic/topic100010.pdf

震災復興支援 日本弁理士会の活動 過去の情報