ホーム > とっきょ探偵団 > 弁理士ってなに?

弁理士ってなに?

弁理士ってなに?

弁理士べんりしって、どんなことをする人ですか?

すばらしいアイデアを考えても、もしだれかにマネをされてしまったら、せっかくの苦労も水のアワになってしまいます。多くの知恵ちえとお金と時間をつぎこんでつくった発明品が、かんたんに他人にマネされ、それがゆるされるなら、だれも発明はつめいなんかしなくなりますね。

それはそうだ。発明はつめいなんかしたくありません。

発明はつめいしても、損するだけです。

でも、だれも発明はつめいしなくなったらどうなりますか? 社会は、進歩がなくなります。電気製品にしても、車にしても身のまわりのものすべてが、かつてだれかが発明はつめいしたからこそ、今わたしたちが利用できるのです。

ということは、今ぼくたちがいろいろなものを発明はつめいしないと、未来の人たちは利用できないわけですね。

だから発明はつめいをする人が損をしないように、努力によってできあがったものである発明はつめい創作そうさくを、無断でマネできないように守る必要があります。そこでできたルールを、ちょっとむずかしいことばだけど、
知的財産権制度ちてきざいさんけんせいどといいます。弁理士べんりしは専門的な知識をもって、このうちの特許とっきょ実用新案じつようしんあん意匠いしょう商標しょうひょうなどについて、特許庁とっきょちょうに登録する手続を考えた人に代わってします。

弁理士べんりしって発明はつめい特許とっきょするかどうか決めるんですか?

特許とっきょするかを決めるのは弁理士べんりしではありません。特許庁とっきょちょうという役所に審査官しんさかんという人がいます。審査官しんさかんは申し出のあった発明はつめい特許とっきょするかどうか決めます。弁理士べんりし発明はつめいした人に代わって、審査官しんさかんに「すばらしい発明はつめいなので特許とっきょしてほしい」と発明はつめいを説明して、特許とっきょがとれるようにします。

どうして発明はつめいした人が自分で手続しないんですか?

もちろん、自分で手続することもできます。でも、特許とっきょを取るには専門的な知識がいります。専門的な知識を持っている弁理士べんりしにおねがいすると、よりよい特許とっきょがとれます。たとえば、自分で家を建てると、ちょっとの雨や風でこわれてしまうような家になってしまうかもしれません。このようなことの無いように、ふつうは、自分に代わって専門の大工さんに家を建ててもらいます。これと同じようなものです。

弁理士べんりし特許とっきょを取るための手伝いをしてくれるだけですか?

特許とっきょを取るためのお手伝いだけでなく、特許とっきょを取ったあともお仕事します。たとえば、特許とっきょを取ればあなただけがその品物を販売はんばいしたりできるわけですが、他人が無断で同じような品物を販売しているときに、これをやめさせたりする手続をします。

弁理士べんりしって、結局、特許とっきょ
の弁護士(べんごし)さんみたいなものですか?

そうですね。特許とっきょの弁護士さんというのはぴったり来るかもしれません。ただ、
弁理士べんりし特許とっきょだけではなく、実用新案じつようしんあんとか、意匠いしょう商標しょうひょうなどについても、同じように専門的知識を持っています。特許とっきょとか実用新案じつようしんあんとかをまとめて知的財産権ちてきざいさんけんとよばれています。弁理士べんりしは知的財産権の弁護士といえるかもしれません。