(1/26)パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト表彰式

270126-1

文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館が主催する、「平成26年度パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト」の表彰式が平成27年1月26日に東京都千代田区のイイノホールにおいて開催された。 主催者賞である、日本弁理士会会長賞には、田中慶吾さん、南部彰伸さん、桃井真さんの3名(パテントコンテスト)、汲田楓さん(デザインパテントコンテスト)が輝いた。


日本弁理士会会長賞を受賞した 田中慶吾さん、南部彰伸さん、桃井真さん(香川高等専門学校)

日本弁理士会会長賞を受賞した
田中慶吾さん、南部彰伸さん、桃井真さん(香川高等専門学校)

日本弁理士会会長賞を受賞した汲田楓さん(愛知県立芸術大学)

日本弁理士会会長賞を受賞した汲田楓さん(愛知県立芸術大学)










今回でパテントコンテストは13回目、デザインパテントコンテストは7回目の開催。高校生・高等専門学校生・大学生が対象。両コンテストともに多数の応募があり、それぞれ29件、31件が支援対象とされた。支援対象となった発明・デザインは、今後弁理士の指導を受け、特許権・意匠権の取得を目指す。


270126-4

古谷会長はお祝いの言葉の中で、「この先、みなさんの発明や創作が世の中に出ていく。これは非常に素晴らしいことだ。これからもさらなる飛躍を遂げ社会人になっていただきたい、我々弁理士も後方から支援をさせていただく。」とメッセージを送った。







270126-5

日本弁理士会パテントコンテスト委員会副委員長で本コンテスト選考委員でもある飯田昭夫弁理士は講評で「応募される発明・デザインの質は年々高まっている。今年も本当によい作品がたくさんあった」と述べ、応募された生徒・学生の健闘を讃えた。