鹿児島県と知財支援協定を締結

掲載写真(確定)HP用      

                      保岡興治 衆議院議員                      鹿児島県 伊藤祐一郎知事                            日本弁理士会 伊丹勝会長

 

平成28年3月28日、鹿児島県と日本弁理士会は「知的財産の活用による地域の活性化と産業の振興のための協力に関する協定」を締結。調印式が鹿児島県庁にて行われた。締結式の当日には鹿児島県出身の保岡興治衆議院議員にもご臨席いただき、保岡議員が見守る中、鹿児島県の伊藤祐一郎知事と当会の伊丹勝会長が協定書に署名した。   本協定は、当会として、28番目の協定締結となる。(都道府県との締結は20番目)   この協定は、知的財産の普及啓発、人材育成、相談及び地域産業振興のための知的財産の保護と活用などを両者が連携して推進することを目的とするものである。   今後、知的財産に力を入れる鹿児島県と知的財産に関する専門家集団である当会とが本協定を締結することで、よりよい地域の活性化と産業の振興を目指す。

 

【出席者】 保岡 興治 衆議院議員

(鹿児島県) 伊藤 祐一郎 知事 森山 健二 商工労働水産部次長 岩下 藏久 産業立地課長

(日本弁理士会) 伊丹 勝 会長 橋本 虎之助 副会長 松浦 喜多男 知的財産支援センター長 原崎 正 九州支部長 松尾 憲一郎 九州支部副支部長 岩永 和久 次年度九州支部長 東 和博 鹿児島県窓口責任者