東京農工大学大学院農学府との連携講座を開講

 日本弁理士会は東京農工大学大学院農学府(農学府長:荻原 勲)に対して、平成27年10月から大学院の正規授業科目として「農学府特別講義Ⅲ(知的財産概論):2単位」の開講を支援いたします。  本講義は、当会の個別大学支援事業に基づき、知的財産制度の普及と啓発を目的に、弁理士等の講師派遣等の支援を行い、同大学院イノベーション推進機構を中心に事業実施中の文部科学省支援事業である「グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)」との連動も図っています。  近年はアグリビジネス分野において、農産物のブランド化等により特許・商標等の知的財産の保護、管理が重要であることから、当会では同学府を支援し、知財、特許、商標、種苗、ゲノム、起業等それぞれ専門とする弁理士を派遣して15回の講義を行います。また、特許庁や特許・弁理士事務所なども訪問し現場の雰囲気を肌で感じていただくことも予定しています。  本講義を受講する学生は、今後、弁理士の職務の重要性と知識に基づく知的財産の権利の適正な保護・管理について正しく理解し、社会で貢献できる人材になることが期待されます。     ■リンク 国立大学法人 東京農工大学 〔2015年10月1日リリース〕日本弁理士会による連携講座を開講