[地域ブランド監理監視機構]対象ブランドを日本全国のご当地グルメに拡大

対象地域ブランドの拡大

日本弁理士会は、平成26年1月24日に一般社団法人愛Bリーグ本部等とご当地グルメに関わる地域ブランドの模倣品対策についての協定を締結し、地域ブランド監理監視機構を創設、模倣品対策活動を行っています。

これまでは、東北地方のご当地グルメを対象としておりましたが、2014年下半期より、対象ブランドを日本全国のご当地グルメに拡大することになりました。


怪しいものを見かけたら通報窓口へ。以下の4点をお知らせください。

  • 何が(ブランド名)
  • どこで(場所)
  • いつ(日時)
  • どのように侵害されているか(写真がベスト

地域ブランド監理監視機構の取り組み状況

1月24日の創設以降、一月1~2件程度の通報を受け付けており、合計10件の通報を受け付けています。そのうち、6件について、書面等で使用中止を要請しています。

事例紹介

  • 三重県のサービスエリアにて、「B-1グランプリ」に類似する標章を使用して、ご当地グルメが販売されているとの通報を受け付け
  • 機構内にて検討し、商標権を侵害している可能性がある、及び不正競争行為である可能性があると認定
  • 使用中止を通告する通告書を送付
  • 商標を削除し、再発防止を確約する回答書を受領