先生のための(知財の)保健体育編

大人でも思わず引き込まれるおもしろ知財エピソード集です。 小学生から高校生までを対象に幅広くご利用ください。

テーマ:スポーツのルール

Keywords スポーツ、ルール、ルールブック
法域 著作権法
教科 保健体育

 陸上、水泳、卓球、アイススケート、スキー、…。一度は観たり、プレーしたことのあるスポーツに共通していることは、得点やタイムによって勝ち負けが決まる「ルール」があることです。新しいスポーツは、誰もが理解できるようにルールを定めた「ルールブック」などで広められます。

 ルールブックには、創った人の個性が現れ、創作性が認められることから言語の「著作物」として著作権によって保護されます(著作権法第2条第1項第1号、第6条第1号)。このため、ルールブックを創った人は著作権者になり(同法第17条)、ルールブックをコピーして勝手に使う行為を止めさせる権利を持ちます(同法第21条)。

 では、このようにルールブックに著作権があると、せっかく考えられたスポーツをプレーするために、ルールブックの著作権者から許可をもらう必要があるでしょうか?皆さんが観戦するスポーツの選手達は、著作権者からプレーの許可をもらっているのでしょうか?

【答え : 著作権者の許可は必要ありません。】

 それでは、ルールブックの著作権はどうなるでしょうか?  「著作権」は、文芸、学術、美術、音楽のいずれかに当たる著作物が権利の対象ですが、スポーツのルールそのものには権利が認められず、ルールを文字や絵で解説した「ルールブック」になって初めて権利が認められるのです。ルールブックの著作権者は、誰かがルールブックをコピーして勝手に販売することを止められますが、誰かがそのスポーツをプレーすることを止めさせられないのです。

 皆さんも子どもの頃に自分達だけのマイルールを作ってスポーツを楽しんだことでしょう。このマイルールを考えたお転婆のあの子やガキ大将から、遊ぶ時に許可をもらわなかったですよね。
 スポーツは、誰もが自由に楽しめるからいいのですね。

(履歴情報)
2017/03/31 掲載

テーマ:魔球は特許になるの?

Keywords 球技、魔球、コツ、技能、技術、発明
法域 特許法
教科 保健体育

 球技の部活動をしている人の中には、練習を積み重ねて、自分が投げたり、蹴ったり、打ったりしたボールが思わぬ軌道を描く、「魔球」を習得したという人が居るかもしれません。

 では、そのような「魔球」は、特許権を取得することができるものなのでしょうか?

 【答えは「ノー」です。】
 特許法上の保護対象である発明は、「技術的思想」と定義されています。世の中で「技術」といわれるものには、知識として伝達することのできる客観的なものと、「魔球」のように個人の熟練によって到達できる「コツ(技能)」とがあります。しかし、特許法上の「技術」とは、「コツ(技能)」ではなく、知識として他人に伝達できる客観性のあるものでなければならないとされています。
 一方で、「魔球」を習得するための練習器具などであれば、知識として他人に伝達できる客観性のある「技術」と言えますので、特許法上の保護対象である発明に該当し、特許権を取得できる可能性があります。

 これは想像に過ぎませんが、もしも「魔球」の特許権を取得することが出来るのであれば、その「魔球」は自分しか使うことができなくなるわけですから、一流の運動選手になるのも夢ではなくなります。
 でも「魔球」が自由に使え無い球技は、観戦する側にしてみればつまらないかも知れません。

(履歴情報)
2017/03/31 掲載

テーマ:万国旗を売ったら罰せられる!?

Keywords 万国旗、外国の国旗、商業上の使用禁止   
法域 不正競争防止法、商標法
教科 芸術、保健体育

 万国旗とは、多数の国の国旗をロープで繋いだもので、華やかな雰囲気を演出します。運動会等様々なイベントを盛り上げるアイテムとして、万国旗を目にする機会は多いと思います。

 ところで、「国旗の使用」には、国の尊厳を守る等の理由により制限があることを知っていますか。
 例えば、商標法では、(第4条第1項第1号、2号、3号および5号に基づき、)外国国旗などを商標として登録できないこととしています。
 また、不正競争防止法(第16条第1項)では、外国国旗などをその国等の許可なく、商標として使用することを禁止しています。

 では、商品として万国旗を製作し、それを売った人たちはどうなるのでしょう。罪に問われて、罰せられてしまうのでしょうか。

【その答えは、「NO」です。】

 万国旗を見て、それが商品等の商標を表していると感じる人はおそらくいないと思います。
 ですからこのような場合には、「国旗」の商標的使用ではないものと認められて、不正競争防止法によって、使用が制限される場合はありません。
安心して、万国旗を売ることができますし、また、万国旗を買って、飾ることもできます。

但し、国旗を損壊等すると罰せられる場合(刑法第92条)があります。

(履歴情報)
2017/03/31 掲載