先生のための(知財の)ひきだし!英語編

大人でも思わず引き込まれるおもしろ知財エピソード集です。 小学生から高校生までを対象に幅広くご利用ください。

テーマ:TOEICの後のⓇというマークは何?

Keywords 英語、試験、登録商標、Rマーク
法域 商標法
教科 英語

英語の試験を受ける際に、「TOEICⓇ」、「TOEFLⓇ」、または「英検Ⓡ」などように、試験名に「Ⓡ」というマーク(Rマーク)が付されているのを目にしたことはありませんか?
Rマークは、「Registerd(登録された)」の頭文字です。国に登録された商標であることを示しています。米国では、登録商標にRマークを付すことが義務づけられており、Rマークを付さない場合、模倣品に対して、権利行使ができない場合が有ります(米国商標法第29条)。一方、日本では、米国のような規定は存在しません。商標が登録商標である旨の表示(以下「商標登録表示」という。)を付するように努めなければならない、という努力目標が存在しているだけです(商標法第73条)。商標にRマークを付すか否かは、商標権者の自由です。しかし、消費者等に対して商標が登録済みであることをアピールし、他人の模倣を防ぎ、商標の信用力を高めるために、商標権者が、敢えて商標にRマークを付すことも多いです。このような事情から、日本でもRマークが付された商標を目にすることがあるのです。
日本では、Rマークの代わりに「登録商標」という文字が商標に付されることもあります。「登録商標」という文字は、和菓子や日本酒など、意外な商品に付されていますよ!

(履歴情報)2015/03/24 掲載