知的財産価値評価推進センター

知的財産価値評価推進センターは日本弁理士会の附属機関で、 弁理士が関与する知的財産権の価値評価について、 客観性及び妥当性の向上を図るとともに、 知的財産権の価値評価業務を行う弁理士を支援することで、 価値評価業務の改善進歩を促します。

概要

経緯

平成8~16年度にかけて、日本弁理士会は、知的財産の積極的活用を図る一環として、知的財産の価値評価につき内部の委員会において研究等を行ってきま した。知的財産価値評価推進センターは、これまでの価値評価に関する研究等を継続し、更に、発展させるべく、平成17年4月1日に日本弁理士会の附属機関 として設立されました。

目標

知的財産価値評価推進センターは、その活動を通じて、社会における知的財産の積極的活用を図るとともに、各弁理士が知的財産の価値評価業務で得た知識・ 経験を、新たな知的財産の創造や権利取得に活用できる環境を創出することによって、知的財産創造立国の実現に貢献していきたいと考えています。

組織

知的財産価値評価センターには、センター長、副センター長の下に3事業部、総務部及び特別部が組織されています。

評価推進センター組織図 評価推進センター組織図

センター便り

センター便りでは知的財産価値評価推進センターの生の声をお送りしています。

評価人候補者登録について

(1)はじめに

当センターは、日本弁理士会に対する裁判所からの鑑定評価人(知的財産権の金銭的価値についての評価人)の推薦依頼に対してその人選に携わってまいりましたが、今後は裁判所のみならず多方面に評価人を送出していくことを目標としています。

上記のような状況下において、センター設立の目的を達成すべく、当センターでは評価人候補者登録制度を採用いたしました。

(2)センター事業

センター事業の1つとして、裁判所その他の依頼に応じて 価値評価業務を行う適任者を推薦するための選考並びにこの選考の資料となる登録簿(評価人候補者登録簿)の作成及び常備があります。

(3)評価人候補者

  • 1. 評価人候補者とは、裁判所その他からの推薦の依頼による価値評価業務について受任する意志がある弁理士であって、評価人候補者登録簿に登録を受けた者を言います。
  • 2. 評価人候補者は、一般弁理士のための研修のほか、候補者専用の研修を受けることができ、評価のための研鑽を行っています。
  • 3. 評価人候補者は、評価マニュアルを利用でき、評価の客観性及び妥当性の向上に努めています。
  • 4. 評価人候補者として登録された弁理士が評価人として推薦されます。選考の手順は公募を原則としています。

また、価値評価業務は弁理士にとって新規な業務であるため、かかる評価業務を行なう弁理士の早期育成のため、評価人補助者制度も採用しています。

(4)最後に

日本弁理士会は附属機関として当センターを設置し、評価人候補者登録制度を創設することにより、価値評価業務を行うことのできる弁理士の育成をはかり、推薦も可能な体制をとっていますので、今後に期待して下さい。

イベントのお知らせ

  • 知的財産価値評価無料モニター募集>チラシ

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター主催 地域活性化セミナー開催のお知らせ(2016.1.15@愛知)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター主催 地域活性化セミナー開催のお知らせ(2015.11.6@香川)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター主催 地域活性化セミナー開催のお知らせ(2015.10.2@富山)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター10周年記念セミナー開催のお知らせ(2014.11.5@東京)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター10周年記念セミナー開催のお知らせ(2014.10.28@大阪)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター10周年記念セミナー開催のお知らせ(2014.10.15@福岡)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター10周年記念セミナー開催のお知らせ(2014.10.3@岡山)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター10周年記念セミナー開催のお知らせ(2014.9.18@仙台)

    詳細はこちら
  • 知的財産価値評価推進センター10周年記念セミナー開催のお知らせ(2014.8.29@札幌)

    詳細はこちら

イベントの報告