国際活動センター

国際活動センターは国際的な活動を行い、弁理士の国際的業務を支援するための組織です。

センター長挨拶

Welcome to Home Page of 国際活動センター! ―国際的業務の能力アップにホームページをご活用下さい―

国際活動センター(以下、「センター」)は、日本弁理士会の国際的な活動を専門的に行うだけでなく、弁理士の国際的業務を支援するために設立されました。その趣旨を全うするため、具体的には、次のような活動をしています。このような活動に参加協力できる会員を歓迎するとともに、センターの提供する情報を活用して、国際的業務遂行能力のレベルアップを目指して頂きたいと思っています。

センターの組織は、企画政策会議の下に、3つの常設部会「外国情報部」、「日本情報発信部」、「国際政策研究部」があり、さらに、各国団体との交流会の企画実行など特定の目的に応じて随時組織され職務終了とともに解散する「プロジェクトグループ」があります。

この度、センターでは、ホームページを充実して、会員の皆さんにセンターの活動の状況を常時お知らせするとともに、国際的業務を遂行する上に参考となる情報が、ホームページから随時得られるようにと、ホームページ拡充のプロジェクトを立ち上げました。今後ホームページのコンテンツは、各部会の活動とともに、逐次充実させていきますので、是非ご活用下さい。

国際活動に関することで何か質問、意見等ありましたら、
事務局業務国際課(TEL 03-3519-2703、Email gyoumukokusai@jpaa.or.jp)宛てに、お寄せ下さい。

各組織のご案内

企画政策会議

正副センター長ほか各部の部長からなり、センターの活動の基本的方針を決める会議です。

1.国際活動センター基本方針

日本弁理士会を構成する会員が知的財産の専門的実務家であるという特質を生かして、海外の知的財産関係団体との人的交流を通じて情報収集をするとともに、日本弁理士会としての知的財産情報の発信を行い、かつ会員の国際活動に資する活動を行う。

また、ホームページの充実を図るとともに、海外情報部、日本情報発信部、国際政策研究部を構成して活動を行う。

  • 外国情報部 外国の知財関連情報を収集して会員に提供し、会員の外国出願業務の遂行に資することを目的とします。 諸外国情報の調査報告 01
  • 日本情報発信部 日本の知財慣例情報を外国に提供して、海外からの依頼業務のレベル向上や会員の業務遂行能力の向上に資することを目的としています。 調査報告等詳細はこちら 02
  • 国際政策研究部 知財に関する国際的問題を検討し、弁理士会としての意見をまとめ具申することを目的としています。 調査報告等詳細はこちら 03
  • 各種交流プロジェクト 諸外国の弁理士会、国内外の各種団体と交流し、情報交換することを目的としています。 04