ホーム > 過去の情報 > 2017年のTOPICS > 佐賀県と知財支援協定を締結

佐賀県と知財支援協定を締結

佐賀県山口知事と日本弁理士会伊丹会長

日本弁理士会会長の伊丹勝(左)と佐賀県の山口祥義知事(右)



平成29年2月13日、佐賀県と日本弁理士会は「知的財産の活用による地域の活性化と産業の振興のための協力に関する協定」を締結。調印式が佐賀県庁にて行われ、佐賀県の山口祥義知事と当会の伊丹勝会長が協定書に署名した。

今後、佐賀県と当会とは相互に協力をして、よりよい地域おこしの実現を目指していく。本協定は、当会として、30番目の協定締結となる。(都道府県との締結は22番目)



佐賀県山口知事と日本弁理士会伊丹会長

【出席者】

(佐賀県)

山口 祥義 知事

石橋 正彦 商工労働部長

(日本弁理士会)

伊丹 勝 会長

須藤 浩 副会長

松浦 喜多男 知的財産支援センター長

榎本 英俊  知的財産支援センター副センター長

岩永 和久 九州支部長

本夛 伸介 九州支部幹事