附属機関

研修所、中央知的財産研究所、知的財産支援センター、知的財産価値評価推進センター、国際活動センターの各附属機関の活動について紹介しています。

研修所

日本弁理士会会員の能力研鑚と向上を図るために、新人研修や、継続研修、先端技術研修、外部機関との研修など、さまざまな研修を企画、実施する機関です。

知的財産支援センター

相談会などへの支援員派遣や講習・講演会の開催、無料特許相談など、弁理士の社会的奉仕活動を通じて、知的財産制度の発展に貢献しています。

国際活動センター

外国特許情報の収集や、日本の知的財産保護制度に関する情報の海外への発信などを行っています。国際活動センターの報告書はこちらからご覧ください。

中央知的財産研究所

長期的及び国際的視野から内外の知的財産や、弁理士に関する諸問題についての調査、研究および情報の提供などを行っています。

知的財産価値評価推進センター

知的財産の価値評価手法を研究し、その客観性及び妥当性の向上に努めています。また、研修事業を通じて知的財産の価値評価を行う弁理士の育成も行っています。

広報センター

新聞、雑誌、ホームページ、会誌、パンフレット等を通じて、知的財産の保護、弁理士の業務、弁理士会の活動に関する広報活動を行っています。