ホーム > 弁理士とは > JPAA Channel

JPAA Channel

【週刊記念日】7月1日「弁理士の日」 (H27.6.28放送)

YouTube Preview Image

弁理士の日は、明治に特許代理業者登録規則が7月1日に施行されたためこの日となりま­した。今から100年以上も前のことです。弁理士の仕事は企業や個人に代わって知的財­産権の取得手続きをしたり、知的財産を守ることです。その知的財産や知的財産権とは何­かを紹介します。また番組では弁理士の最新事情として、中小企業の特許取得や知的財産­の保護に力を入れる弁理士を追いました。日本企業のうち約9割が中小企業ですが、特許­出願件数の割合は全体の約1割。中小企業が生き残りを図るためにも日本経済の再生のた­めにも、中小企業が持つ独自技術や製品の特許を取得し活用することが必要不可欠だとい­います。(番組HPより)

【週刊記念日】7月1日「弁理士の日」 (H26.6.29放送)

YouTube Preview Image

弁理士の日は、明治に特許代理業者登録規則が7月1日に施行されたためこの日となりま­した。今から100年以上も前のことです。弁理士の仕事は企業や個人に代わって知的財­産権の取得手続きをしたり、知的財産を守ることです。その知的財産や知的財産権とは何­かを紹介します。また番組では弁理士の最新事情として、中小企業の特許取得や知的財産­の保護に力を入れる弁理士を追いました。日本企業のうち約9割が中小企業ですが、特許­出願件数の割合は全体の約1割。中小企業が生き残りを図るためにも日本経済の再生のた­めにも、中小企業が持つ独自技術や製品の特許を取得し活用することが必要不可欠だとい­います。(番組HPより)

【週刊記念日】7月1日「弁理士の日」 (H25.6.26放送)

YouTube Preview Image

7月1日の弁理士の日は1899年のこの日に現在の弁理士法の前身となった特許代理業­者登録規則が施行されたことにちなんで制定されました。弁理士の仕事は私たちの身の回­りにある発明やアイデア、マークやブランドなどの知的財産を守る知的財産権を顧客に代­わって取得することと、専門知識を駆使してこれらを保護・活用することです。弁理士が­扱うものは外部に漏れないように注意が払われますが、特別に特許出願する商品をみせて­いただき、特許取得準備から出願までの仕事ぶりを追いました。また弁理士の中には企業­の中で事業戦略に関わる方もいます。最後に弁理士のグローバルな活躍には何が必要かを­聞きました。(番組HPより)

【動画】自社製品を模倣から守るためには

YouTube Preview Image

毎日次々と誕生する新製品。これらを模倣か守るためには特許権をはじめとする知的財産権によって保護することが非常に有効です。こちらの動画では必要な手続きなどについてわかりやすく解説しています。

【動画】弁理士の仕事とは

YouTube Preview Image

弁理士は、特許や商標の申請書類を作成し提出するだけではなく、「知財コンサルティング」など幅広く仕事をしています。こちらの動画では、そんな弁理士の仕事についてわかりやすく解説しています。